ニュース&トピックス

ニュース&トピックス 一覧

ホテルゆがふいんおきなわ 来春に別館をオープン

名護市のホテルゆがふいんおきなわでは、来春別館をオープン、客室数を現在の約倍に増やし、 やんばる(沖縄北部)で滞在拠点を充実させ、やんばるの地域活性化を目指します。

ツインルームを中心に客室数を現在の約二倍に増やし、北部エリアでの滞在客数の増加を図り、 北部地区の活性化に寄与する事を目的としております。別館のオープンは来春を予定しております。

新しく建設する別館は、既存の建物に隣接する形で、客室61室のほか、レストラン、駐車場を設ける予定です。
別館が完成すれば、ホテルゆがふいんおきなわの客室数は本館と合わせて125室となり、 最大収容人員は373名となります。

建設が進む別館は、延べ床面積約3,915平方メートルの地上9階建てで、客室は、 24平方メートルから44平方メートルまでの5タイプを予定しており、ゆったりと 寛げるお部屋を提供いたします。

それぞれのお部屋には、アクセントとして琉球モチーフを取り入れるほか、バルコニーを設け、 開放感のあるシティリゾートを演出いたします。
全室ツイン対応で、完全バリアフリールーム・禁煙ルームなども設ける予定です。

これまで、ホテルゆがふいんおきなわでは、シングルルームが多いことなどから、ビジネスで 活用されるお客様に多くご利用いただいておりましたが、近年の入域観光客数の伸びで、北部地区への 滞在希望の旅行客が増えていることなどから、今回新たにツインルームを大幅に増やすことで、 ファミリーやグループなど観光・レジャーで来られるお客様のニーズに応えるホテルを目指します。

前田産業は、やんばるの自然や風土など、その魅力をより多くの方に体感してもらいたいとの思いから、 ホテルゆがふいんおきなわを含め、4つのホテル(前田産業ホテルズ)を展開しています。

今回のホテルゆがふいんおきなわの別館は、近年、沖縄へ来られる方の目的、沖縄での過ごし方が多様化し、 さらにスポーツ合宿やMICEなど観光目的以外での滞在も増えているなかで、受け入れ側であるホテルも これまで以上に多様なニーズに応えられる対応力が必要になる事、またホテルズ全体としての相乗効果も 期待出来ることから建設することとなりました。

併せてやんばるエリア観光への宿泊拠点を充実させることで、このエリアへ足をはこぶ方、その魅力を 実感してくれる方が増え、やんばるの地域活性化に寄与する事を目的としております。

ホテルゆがふいんおきなわ 別館開業時のイメージ 画像をクリックすると拡大表示します

この頁のTOPへ