company

会社概要

名称 株式会社 前田産業(前田産業ホテルズ)
本社所在地 〒905-0014 沖縄県名護市港2-6-5(4F)
設立 1986年3月25日
資本金 1億円
売上高 29億6,700万円(2018年)
代表者 代表取締役社長 前田 裕子(Hiroko Maeda)
従業員数 262名
平均年齢 38.5歳(2018年8月現在)
事業内容 ホテル業
運営ホテル・施設

ホテルゆがふいんおきなわ

ホテルゆがふいんBISE

ホテルマハイナ ウェルネスリゾートオキナワ

アラマハイナ コンドホテル

オキナワ ハナサキマルシェ

シャングリラマンション

アクセス

沿革

1986年 3月 前田産業設立
1989年 9月 ホテルゆがふいんおきなわ 開業
1993年 5月 ホテルゆがふいんBISE 開業
2000年 8月 ホテルマハイナ ウェルネスリゾートオキナワ 開業
2003年 4月 やんばる海の駅 開業
2005年 4月 名護市より「いこいの村」運営受託
2006年 4月 「いこいの村」から「ホテルタニュー ウェルネスリゾートオキナワ」へ名称変更
2009年 3月 ホテルゆがふいんおきなわに新館「東(あがり)館」をオープン
2011年 12月 契約満了を以って、ホテルタニュー ウェルネスリゾートオキナワの営業を終了
2019年 3月 新規商業施設「オキナワ ハナサキマルシェ」開業
2019年 4月 新規ホテル「アラマハイナ コンドホテル」を開業

役員一覧

代表取締役社長 前田 裕子
代表取締役専務 仲座 寛人
専務取締役 川上 明登
常務取締役 石橋 雅彦
監査役 前田 貴子
監査役 長山 博明

組織図

組織図

ビジョン

第二の我が家として選ばれるNo.1ホテルになる

第二の我が家として選ばれるNo.1ホテルになる

第二の我が家として選ばれるNo.1ホテルになる

第二の我が家として選ばれる
No.1ホテルになる

私たち前田産業ホテルズは、“沖縄のちむぐくる”をもって、お客様に“第二の我が家として選ばれるNo.1ホテル”をめざします。
“沖縄のちむぐくる”とは心の底から相手を思う強く温かい気持ちとそれを表す行動、沖縄の歴史・文化に誇りを持ち、自然を守り、何事にもチャレンジ精神を持つ事だと私たちは考えます。
私たちが関わる全ての人々を“ちむぐくる”をもって大切にする事で、安らぎとくつろぎを提供するホテルとなるのです。
「ここに来るとホッとする」「また来たよ」「ここで働くのはワクワクする」そう言っていただけるホテルは前田産業ホテルズです。

経営理念

  • 沖縄の「ちむぐくる」をもってお客様をおもてなしいたします
  • 常に前進し続け、新しく豊かな価値を創造します
  • 地域社会へ貢献します
  • 社員幸福を実現します

沖縄の「ちむぐくる」をもってお客様をおもてなしいたします

沖縄の「ちむぐくる」をもってお客様をおもてなしいたします

私たちは、”ちむぐくる(真心)”とは、「心の奥底から湧き出る、身体全体で相手を思う気持ち」と考えます。また、沖縄の歴史や文化、伝統に根ざした奥深いホスピタリティであると考えます。
お客様に癒しと喜びと満足を感じていただくために、常に”ちむぐくる”をもっておもてなし致します。

常に前進し続け、新しく豊かな価値を創造します

常に前進し続け、新しく豊かな価値を創造します

私たちは、いかなる時代や環境の変化にも、真摯に、スピーディに対応し、立ち止まることなく、提供させていただく全ての商品・サービスの向上、改善に全力を傾けます。

地域社会へ貢献します

地域社会へ貢献します

私たちは、いつの時代も地域とともに歩みます。
地域に生かされていることを忘れずに感謝し、良き市民としての責任を全うし、地域に住む人々の生活、文化、発展に寄与するために全力を傾けます。

社員幸福を実現します

社員幸福を実現します

私たちは、働く従業員一人ひとりが幸せでなければ、お客様にご満足いただく良いサービスをご提供することが難しいと考えます。
互いの人間性と個性を尊重し、各々が持つ才能(長所)を伸ばすステージを与え、活き活きと働くことのできる企業風土を心がけます。

ちむぐくれど

ちむぐくれど

クレドとはラテン語で「志」「信条」「約束」を意味する言葉。私たちが目指すべき方向を指し示し、ぶれることなく歩むために「クレド」は生まれました。
沖縄の県花”でいご”をあしらった明るい雰囲気の表紙と、両面に双方の熱い思いが言葉となって作られたこのカードは、互いを思いやる前田産業ホテルズそのものを現しています。

前田産業ホテルズのビジョンでもある「第二の我が家として選ばれるNo.1ホテルになる」の第二の我が家という言葉には、「社会にとって必要とされる会社であること、そしてそこで働く一人ひとりが必要とされる大切な存在である」という意味が込められています。
「第二の我が家」をつくりあげているのは、私達一人ひとりの力です。
「ちむぐくれど」を噛み砕いて自分の中に落とし込み、自身の心と身体を動かす原動力とし、DNAとなっています。

これからも、小さくても、コツコツと「ちむぐくれど」と共に歩み続け、”ちむぐくる(真心)”でおもてなしを実行していきます。

代表者メッセージ

前田裕子

沖縄の「ちむぐくる」から、心動かすリゾートが生まれる。

株式会社前田産業(前田産業ホテルズ)
代表取締役社長

HIROKO MAEDA

私達は、沖縄本島北部に位置する名護市と本部町に、それぞれ個性の違う4つのホテルを展開しております。
やんばるの自然と大らかな気候風土に恵まれた中で、各ホテルの特色を活かして、 訪れる人々にやすらぎと寛ぎを提供するホテルでありたいと日々励んでおります。

沖縄県における観光産業は、自立した県経済を構築していくためには最も重要な産業です。また、経済面だけでなく、沖縄の地理的、歴史的な特性を生かして国際交流の推進役になることや、 観光を通じて、沖縄の豊かな自然環境や風土、個性豊かな文化を世界に発信していく役割も担っています。

観光産業を取り巻く環境は、景気の回復やアジアを中心とする外国人観光客の増加により好調と言えます。
今後は、より多様なお客様への受入体制を整備していくことが求められています。近い将来、沖縄が魅力溢れる国際的リゾート地となるよう、 また沖縄ブランドを確固たる質の高いものへと発展させるよう志を高く持ち、微力ながら一歩ずつ前進していきたい。「最も強いものや賢いものが生き残るのではない。最も変化に敏感なものが生き残るのだ。」と言われるように、私達はその時代の変化に合わせて変わる事 (FITする)、柔軟にしなやかにチャレンジする事を恐れないで成長していくことを信条としています。

反面、未来永劫変わらないもの、変えてはいけないものがあります。
それは弊社の経営理念である「沖縄の“ちむぐくる”」 。
“ちむぐくる”とは、心の底から相手を思う強く温かい気持ちとそれを表す行動、沖縄の歴史・文化に誇りをもち、自然を守り、ウチナーンチュとしての気概を持ち続ける事だと私達は考えます。
私達は「沖縄の“ちむぐくる”でおもてなしする」事で、「第二の我が家として選ばれるNo.1ホテルとなる」事を目指します。

地元企業として地域に根ざした経営、大きな世界を見つめるウチナーンチュの広い心で、皆さまに愛され、選ばれるホテルであり続けるよう精進してまいります。
尚一層のご愛顧を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

代表取締役社長前田 裕子

CSRの取り組み

私たち前田産業ホテルズは、地元企業として地域と共にあり、地域に生かされていることへの感謝の気持ちを込めて
『地域社会に貢献します』を経営理念に掲げております。
地域と共に成長し発展することを目指して、「環境」「教育」「地域交流」の観点から、様々な取り組みを行っております。
このページでは、私たちが取り組んでいるCSRの取り組みの一部をご紹介致します。

環境

寄付活動

琉球弧に生息する希少な野生生物を守るため、「NPO法人どうぶつたちの病院 沖縄」にカレンダー等の購入による寄付を毎年実施しています。

清掃活動

ホテル近隣の定期的な清掃活動に加えて、観光協会や各種団体主催のビーチクリーンや沿道の除草作業に参加するなど、地域の美化に努めています。

エコ活動

新規開業に際して、アラマハイナコンドホテルの館内外照明に全てLEDを使用、オキナワハナサキマルシェの施設全体の30%を緑地化するなど、環境に配慮しています。
また、連泊のお客様へ客室のステイ清掃頻度を抑えるご協力依頼を行うことで、節水や水質汚染の抑止などに寄与。更には、フードロスへの取り組みとして、
各ホテルのレストランでは「残さず食べきろう!」といったPOPを設置しています。

地産地消

「やんばる料理研究会」が主催する朝市で地元農家から野菜を毎週仕入れ、各ホテルのレストランで使用しています。
また、農品産物消費拡大に向け、アセローラやシークワーサー、カツオやあぐーなど地元特産の新鮮食材を使い、地域の味をお客様にお楽しみいただいております。
地元食材を使用することで、輸送に伴うCO2排出量や保管にかかるエネルギー軽減に寄与しています。

  • 環境
  • 環境
  • 環境
  • 環境

教育

北部地域小中学校・高等学校からの就業体験・ジョブシャドウイングの受入

技術的・職業的スキルなどの指導研修受入としてキャリア教育に積極的に取り組み、
2019年には名護市教育長より感謝状を授与されました。

北部地域小中学校講話

北部地区の小中学校への職場体験の事前学習会として足を運び、ホテル業についての講話やマナー講習会などを開催しています。

スポーツ大会を主催

青少年の健全な育成と地域に貢献しようと、幣ホテルが主催となって「ゆがふいんおきなわ杯争奪・国頭地区中学校野球大会」
「マハイナ杯・北部地区少年フットサル大会」を開催しています。

  • 教育
  • 教育
  • 教育
  • 教育

地域交流

観光親善大使を輩出

本部町の「もとぶミス桜」や名護市の「名護さくらの女王」「がじゅまる王子」など、地域の観光大使として、地域の公式行事に参加し、
本部町や名護市を県内外へPRする公務を主として活動しています。

植樹会への参加

「名護市花の里づくりの会」のよる名護市宮里交差点や21世紀の森公園の花植えに参加。
また、「名護・さくらの会」主催のさくら開花促進育樹活動に毎年参加しています。

本部ナークニー大会を開催

沖縄の伝統文化振興として、地元に古くから受け継がれている民謡の大会を開催。沖縄の伝統・文化を継承する一翼を微力ながら担っています。

  • 地域交流
  • 地域交流
  • 地域交流
  • 地域交流